住まいのトータテ

WIDE SPAN

邸宅感を追求した
開放感溢れる
ワイドスパン設計。
南に面した広々とした開口部は、
とても明るく気持ちのいい開放感を実現。
このスペースをどう使うかで、
マンション生活の楽しみも大きく異なってきます。
ここは住む人のセンスの見せどころ。
家族の時間がより楽しくなるような演出をお楽しみください。

PICK UP

ワイドスパンを徹底解剖
近年では建築費高騰の影響を受けて、新築マンション市場にワイドスパンのお部屋は出にくくなっていますが、
魅力やさまざまなメリットのある、人気のマンションの間取りです。

本来のワイドスパンとは?

「ワイド=幅が広い」
「スパン=構造柱間の幅」
ワイドスパンという言葉通り、柱間(マンションにおいてはバルコニー側の間口幅)が
広い間取りのことを指します。
一般的には、バルコニーのある側の隣住戸間(間口)の距離が7~8m以上のもので、
ワイドスパンではない(間口が7m以下)間取りに比べて、お部屋の配置や窓の数などに差が生まれます。

メリット

間口が広くなり、窓を多く設置でき採光量が増える。
窓の面積が増える=採光量が増えるので、室内が明るくなります。また窓の数が多いことで、お部屋の圧迫感も軽減されます。
間取りのバリエーションが多く、居住性が高い。
ワイドスパンでない「たて型間取り」に比べて部屋の配置の自由度が高くなるので、間取りのバリエーションが多くなります。また廊下を短くして部屋間の移動距離を少なくしたり、各部屋の収納スペースを確保したりがしやすいので、居住性の高いお部屋になります。

デメリット

販売価格が割高になる傾向にある。
一般的にワイドスパンのマンションは価格が高くなる傾向があります。(もちろん例外もあります)
同じ幅・高さのマンションを、ワイドスパン間取りと縦型間取りで配置した時、縦型間取りの方がより多くの住戸が確保でき、販売価格を分散することができると言えます。
窓の面積が増える分、外気の影響を受けやすく断熱性が低い。
鉄筋コンクリート(断熱材含む)に比べて窓ガラスは熱の影響を受けやすいため、窓の数が増える分、断熱性が悪くなってしまいます。そのため冷暖房費が高くなってしまう可能性があります。
ただし最近ではペアガラスや二重サッシといった、断熱性能の高い窓・サッシが採用されていることが多いので、ワイドスパンの間取り検討する際は確認することをおすすめします。
POINT

Belles 広島ボールパークテラスは断熱性の高い・サッシを採用。

ワイドスパンの特徴

1.センターリビングタイプ
バルコニー面に3部屋並ぶ形で配置されており、ワイドスパンの代表的な間取りです。
POINT
  • 廊下が短く、部屋内の面積を有効的に使うことができる。
  • 主要採光面(バルコニー面)に面する部屋が多くなる。
2.キッチン・バルコニー隣接タイプ
バルコニー面にキッチンが設置できます。キッチンに立っていてもテレビがまっすぐ見える、人気な間取りです。
POINT
  • 廊下からLDKに入るときにキッチンを通らないので、シンク部分や洗い物などを見せることなく、生活感を感じさせにくい。
  • キッチン横に勝手口がつき、バルコニーをごみの仮置きスペースとして使うことができる。
  • バルコニー側にキッチンがあってもリビングダイニングのスペースが十分に確保でき、家具の配置もしやすく、使い勝手がよい。
家族とのコミュニケーションを大切にしたい人にオススメ
ワイドスパンの間取りはリビングを中心とした間取りが多く、リビングを介して居室へ入るといったお部屋のため、子供が学校から帰ってお部屋にこもりっきりといったことが少なくなります。
また、子供の勉強もすぐ近くで見ることができます。
日当たり・風通しを重視する人にオススメ
窓が増えることで部屋内への日当たりが良くなり、水回りに窓がつく間取りも多いため、日当たりや風通しを重視したい方にはおすすめです。
ガーデニングなどバルコニーを使う趣味がある人にオススメ
バルコニーの面積をしっかりとることができるため、バルコニーを使った趣味を充実させることができます。
また、洗濯物を干すスペースも増えるためおすすめです。
グリーンカーテン用フックオススメ
節電意識の高まりとともに、自然のちからを利用して快適に暮らす、パッシブデザインの手法として、グリーンカーテンのフックを採用しています。
見た目も涼しく、植物を苗から育てる楽しみも増えます。

日当たりの良い広いリビングで、常に家族集まって過ごしたい。気候の良い季節にはバルコニーでくつろいだり、ガーデニングを楽しみたい。そんな方にはワイドスパンの間取りがおすすめです。

住まい探しにあたっては多くの間取りをみることになり、いったい自分にはどんな間取りが向いているのだろうと悩むことが多くなるかと思います。そんなときは広さや採光、収納や家事動線といった要素から、自分や家族の生活の中では何を優先するかを考え、最適な間取りをお選びください。